施工実例

今月の一棟

2013年8月 - 自然をデザインと機能、快適に活かした暮らし

ランタサルミログハウス今月の1棟2013年8月3山々の美しいパノラマが広がる八ヶ岳南麓で、悠々とセカンドライフを過ごされているお住まいです。
のどかな自然環境と富士山を遠望する恵まれた立地もさることながら、このお住まいの一番の魅力は自然を積極的に活用する、ゼロ・エネルギーを目指したログハウスであること。環境に応じた設備を導入して太陽光や地中熱といった自然からエネルギーを創り出し、遮熱・断熱をしっかりと施したログハウスで室内の快適な空気を逃さずエネルギー消費を削減。
これからの住宅に求められる性能と自然素材のやさしさが醸し出す、心地よい空間が広がっています。

ランタサルミログハウス今月の1棟2013年8月1

南に向かって大きく眺めが広がるロケーション。日当たりの良さを活かし、南側に多くの窓を設けることができる凸型の大屋根スタイル「キルカス」をベースとしたプランです。


ランタサルミログハウス今月の1棟2013年8月2

テラスにかかる部分はクリアルーフとし、明るさと眺めを確保。写真は竣工時のものですが、この後屋根に4.5kwの太陽光発電装置を設置しました。
空調には蓄熱式の床暖房システムと薪ストーブを併用した約35坪のオール電化の建物で、年間を通しての電気料金は約13万円。それに対し太陽光発電による売電は約22万円と創エネルギーの方が上回り、少ないエネルギー消費で建物全体を暖め保持できる、優れた性能を有する建物であるかがわかります。


ランタサルミログハウス今月の一棟2013年8月4

高い天井と緑を望む大きな窓の連なりがのびやかな印象。階段を中心とする凹凸のあるレイアウトがパーティションとなり、コーナーごとの独立性を高めています。


ランタサルミログハウス今月の一棟2013年8月5

南に突き出し、3方向に素晴らしい眺望が広がるダイニングキッチン。ほど良く囲まれつつ解放的な雰囲気も感じられる心地よいスペースとなっています。


ランタサルミログハウス今月の一棟2013年8月6

建物の北側に直線状にユーティリティから洗面、浴室を配置。寝室との距離も近く、使い勝手の良さに配慮されています。


ランタサルミログハウス今月の一棟2013年8月7

壁一面に設けた大きな窓から、晴れた日には富士山も遠望するフリースペース。
熱が逃げやすい開口部に性能の高い建具を使用することにより、激しい寒暖の変化がある八ヶ岳の環境下でも快適な室内を実現します。


20130808.jpg

2階には和室も。壁を珪藻土で仕上げ、木に囲まれた空間のアクセントとなっています。

今月の一棟の一覧へ戻る

ページの先頭へ戻る