施工実例

今月の一棟

2015年8月 - 省エネへの取り組みと進化したデザイン

newmodel_02.jpg長野県軽井沢町に完成した、ランタサルミの新たなランドマークとなるモデルハウスです。
住宅の省エネ性能義務化を前に、ログハウスにおいても省エネ性能を高める試みがされていることが大きな特長。202mmもの厚いマルチラミネートログとトリプルガラスの建具に加え、妻壁や屋根の断熱性能も向上。さらに省エネ性能に優れた換気システムなどの採用により、寒冷地の省エネ基準を満たす取り組みが行われています。
デザインにおいてもコーナーごとの採光や眺望、心地よさを追求したゾーニングの工夫など、これまでのログハウスの提案実績を昇華。心地よい暮らしへの提案が随所に盛り込まれています。


newmodel_07.jpg

軽井沢の閑静な森に建つモデルハウス。「流木」をイメージした外壁色をケーシング・建具の白色が引き締めています。


newmodel_01.jpg

特注のソープストーン暖炉を中央に、リビングとダイニング、キッチンを緩やかにゾーニング。高い吹き抜けに曲線を描くロフトの手すりがアクセントとなっています。


newmodel_09.jpg

テラスは2方向に設置。陽射しを楽しむバルコニー下とプライベート感のある軒下、シーンに応じて外の暮らしを楽しむことができます。


newmodel_13.jpg

テラスに面した引き戸を含め、3方向に大きな窓を設けたダイニング。明るくゆとりのあるスペースは、食事の場を華やかに盛り上げます。


newmodel_27.jpg

緩やかなカーブを描く手すりと正面に広がる眺望。洗練されたデザインと自然の風景の組み合わせは飽きることがありません。


newmodel_46.jpg

サウナの休憩スペースを兼ねたユーティリティ。広いスペースには収納・家事コーナーも充実しています。


newmodel_35.jpg

皆でサウナを楽しめるようシャワーを複数設置したバスルーム&サウナ。サウナルームの天井はLED照明が星空のように瞬きます。


newmodel_44.jpg

窓際に間接照明を設けたベッドルーム。正面のドアは大型のウォークイン・クローゼットに続いています。

今月の一棟の一覧へ戻る

ページの先頭へ戻る