ランタサルミログハウス

心地よい暮らしをかなえるログハウス

優れた調湿作用

自然の力で温度と湿度をコントロール木には空気中の湿度が高い時には木の壁全体が湿気を吸収、反対に低い時には湿度を放出する性質があります。床や天井、壁など室内の多くの面積に木を用いれば、室内を自然の力で快適に保つことができます。無垢材が占める割合が非常に多いログハウスは、この点で大きなアドバンテージがあり、湿度が高い日本の気候において理想的な構法といえるでしょう。

ログハウスの断熱・蓄熱作用

自然の力で温度と湿度をコントロール木は冷めにくく暖まりにくい特長があります。
一度充分に暖められたログ壁は蓄熱材となり、暖房を切った後の室温の急激な低下を防ぎます。そのため薪ストーブとの相性は抜群で、遠赤外線でじっくりと暖められたログはストーブの火が落ちた後も室内をじんわりと快適な状態を長く保つことができます。また夏は木の暖まりにくい性質を利用してログは蓄冷の働きをします。厚い無垢材を用いたログハウスはこの蓄熱・蓄冷の働きを利用し、快適な温度を保ちやすい建物といえます。

室内にいながら森林浴

木の香りがもたらす作用

ログハウスの室内に入ると感じられる木の香り。それは芳香成分・フィトンチッドによるものです。フィトンチッドは細菌などから樹木が身を守るために生合成される、殺菌作用を持つ化学物質。パインなど針葉樹から発散するフィトンチッドは人に癒しや安らぎの効果があり、森林浴をしているかのような爽やかな空気に包まれて暮らすことができます。

ページの先頭へ戻る