ランタサルミログハウス

ログハウスのメンテナンス

ログハウスで長く快適に暮らすために

ログハウスは厚い無垢のログを組み合わせたシンプルな構造が特長。木の状態を良く保つことが長く快適に過ごすための秘訣です。どのような住宅でも日々の手入れ、メンテナンスは必要です。メンテナンスを施すことでマイ・ログハウスへの愛着も深まり、手入れを続けることで建物は味わい深く、あなたの個性も反映された世界に唯一のマイホームとなるのです。
ここではログハウスの場合に必要なメンテナンスを大きくご紹介します。

ログハウスで長く快適に暮らすために

セトリング

セトリングとはログハウス特有の現象で、ログ材の収縮とログそのものの重さによりログ壁が下がってくる現象です。セトリングは建築地の気候や冷暖房環境などにより異なりますが、通常3-5年ほどで大部分は収まるようです。ランタサルミのようなマシンカットログハウスはあらかじめ材を乾燥させているため、セトリングの量はおよそ5-6cm程度とハンドカットログハウスに比べると少なくなっています。

ログ壁が沈んでも柱やドア、窓、階段などは変化が起きないため、建築時にセトリングを吸収するスペースを空けておきます。メンテナンス時にはセトリング量に応じた調整を施し、状態を修正します。

 

  • 窓・ドアのセトリング対策:窓やドアの上部にセトリングスペースという隙間をつくり、セトリングで壁が下がるとログ壁がこのスペースに沈み込みこむようになっています。このスペースには断熱材を充填し、防水テープ等でしっかりと隙間をふさぎます。

  • 柱のセトリング対策:柱の下にスクリュージャッキを設け、壁の沈み込みに応じてジャッキを緩めるなどの対応を行います。

窓・ドアの上部に開けたセトリングスペース

左:窓・ドアの上部に開けたセトリングスペース(水色の矢印)
右:柱の下に取り付けたスクリュージャッキ(水色の矢印)

塗装

ログ壁の塗装は建物の寿命を大きく左右します。再塗装のタイミングは日当たりや雨の当たり方、周辺環境、使用した塗料などにより異なりますので、まず担当販売店にご相談されることをおすすめします。手順としてはログ壁を洗浄し、乾燥させた後、好みの色で塗装を行います。
塗料だけの販売も行っておりますので、ご家族で再塗装にチャレンジしてみるのも良い思い出になるかもしれません。

ログハウス専用塗料

 

湿気や紫外線からログを保護し、美しく保つ塗料。ランタサルミでは人と自然にやさしい成分を使用し、木の呼吸を妨げないログハウス専用塗料をおすすめしています。塗料にはそれぞれ特徴があり、カラーバリエーションも豊富です。カラーはサンプルをご用意しているほか、仕上がりをイメージしやすい精細なパースのご提案も行っております。
塗装の状態に気を配り、適切な時期に再塗装を行うことで建物を健全な状態に保つことができます。

 

カラーパースでのご提案と実際に完成したログハウスの例

カラーパースでのご提案と実際に完成したログハウスの例

改修・増築工事もお気軽にご相談ください

 

ご家族構成やライフスタイルの変化などによるリフォームのご要望や外壁の再塗装、経年による器具の修理や交換など、ランタサルミ販売店では程度の大小を問わず、お住まいになっているログハウスのご相談を承っております。ログハウスの構造を熟知した担当者がご提案させていただいております。
お気軽にお問い合わせください。

外壁塗装工事の施工風景

外壁塗装工事の施工風景

ページの先頭へ戻る