ランタサルミログハウス

フィンランド ヌンナウーニ・ソープストーンストーブ

ソープストーンストーブのヌンナウーニ

温かさがずっと続く ヌンナウーニのソープストーンストーブ

温かさがずっと続くソープストーンストーブフィンランド・ヌンナウーニ(NunnaUuni)社のソープストーンストーブは、30年以上の長きにわたり世界各地で暖かく心地よい空間をご提供しています。製品第1号となるストーブもいまだ現役で使用されており、高い耐久性、信頼性の証となっています。

ランタサルミでは希少なソープストーンの長所を余すことなく活かした同社ストーブの取り扱いを行っております。ランタサルミの洗練された木の空間と心地よい暖かさを提供するヌンナウーニ社のソープストーンストーブ、北欧の住まいへのこだわりがもたらす極上の住空間を、ランタサルミ 軽井沢モデルハウスでご体感いただけます。

ソープストーンストーブの魅力

ヌンナウーニ社が所有するソープストーン鉱床

豊富な埋蔵量を誇るヌンナウーニ社のソープストーン採掘場

ヌンナウーニ社のソープストーン・ストーブは、優れた蓄熱性、耐熱性を持つソープストーンを火室と炉内にふんだんに組み上げストーブ全体で蓄熱し室内を暖める、他のストーブとは全く異なるシステムが特徴。特に耐熱性の高いソープストーンを火室に用い、最大1200度の高温で薪を燃焼させ蓄熱、鎮火後はゆっくりと放熱し室内を暖めます。
高温に耐えるソープストーンは非常に希少で、良質なソープストーン鉱床を所有し、その特長を最大限に発揮する技術を開発してきた同社だけが可能にするオリジナル燃焼システムです。

Mammutti Soapstone --マムーティ・ソープストーン

マムーティ・ソープストーンヌンナウーニ社が所有する巨大なソープストーン鉱床では、純度が高く組成が均質で、1200度にも及ぶ高温でも変質・損傷等が極めて少ない、火室に最適なソープストーンが産出されています。この高品質なソープストーンは独自にMammutti Sapstone(マムーティ=マンモス)と名付けられ、製品の独自の魅力となる大きなポイントとなっています。

画像上:薄く均一な層をなすソープストーンサンプル
画像下:加熱後白いペリクリース層を成したマムーティ・ソープストーン

マムーティ・ソープストーンは高温で熱することにより表面に白いペリクレース層を形成。ペリクレースは融点が2800度と非常に高く、耐火煉瓦にも使われている鉱物。マムーティ・ソープストーンの耐久性をさらに高める役割を果たしています。

ゴールデン・ファイア
ヌンナウーニ社の暖炉の特徴であるゴールデンファイア

ヌンナウーニ社が特許を取得した燃焼システムは空気を効率よく炉内に取り入れ、燃焼温度が下がらないよう空気の流れを制御。適切な給気により1200度の高温に達した炎は黄金の輝きを放つため、独自に「ゴールデン・ファイア」と呼ばれています。
高温で燃焼するため煤や煙の発生を大幅に抑制し、薪から得られる熱エネルギーをより多く取り出せるため熱効率が良く、現代の住宅事情にもマッチしたシステムです。

多彩なデザイン

用途や設置場所、温かさのタイプに応じ様々なデザインをご用意。オプションの追加やオーダーメイドでオリジナルストーブを創り上げることも可能です。

ヌンナウーニ(NunnaUuni)社ソープストーンストーブのお問い合わせ

ページの先頭へ戻る