北欧デザイン住宅

フィンランド便り

Vol.01 - 寒さが厳しい時だけ現れる"HALO"

fi001.jpg

この写真は"halo"と呼ばれる珍しい現象です。
日本語では「幻日(げんじつ)」とよばれるこの現象は、非常に寒い空気の中で雲を形成する氷晶がプリズムの働きをし、太陽の光を反射して空中で明るい円を描きます。

2012年冬のフィンランドは大雪が木や電線を押し曲げ、頻繁に停電が起こっています。
多くは地方での事故ですが、私たちの工場も1日停電しました。首都・ヘルシンキ周辺でも交通のマヒ状態が発生しています。

From Jaana


写真:工場の近くの町、サヴォンリンナ(Savonlinna)で見られた幻日。シルエットで写っているオラヴィンリンナ(Olavinlinna)は1457年に築かれた古城で、夏には世界的に有名なオペラフェスティバルが開催されています。(Luha Launen氏撮影)

フィンランド便りの一覧へ戻る

ページの先頭へ戻る