最新情報・イベント

最新情報・イベント

気密性能試験を実施しました【ログハウス】

2016年6月16日ランタサルミからのお知らせ

2016年1月にランタサルミログハウスの気密性能試験を実施いたしました。

建物の気密性を示す「C値(相当すき間面積)」とは、建物の床面積1㎡あたりのすき間のことで、㎠/㎡で表示されます。
仮に延べ床面積120㎡の建物のC値が2.0㎠/㎡だった場合、240㎠相当のすき間がある、ということになります。

ログハウスは丸太を積み上げる工法やセトリングなどの特徴からすき間ができやすいというイメージが持たれがちですが、ランタサルミの施工例ではすべての建物において寒冷地の建物に求められる基準値である2.0を下回り、気密性の高さが実証された結果となりました。

調査建物 C値
061601.png 相当すき間面積(C値):0.5㎠/㎡
総相当すき間面積:128㎠(官製はがき約0.86枚)
061602.png 相当すき間面積(C値):0.6㎠/㎡
総相当すき間面積:131㎠(官製はがき約0.88枚)
061603.png 相当すき間面積(C値):1.8㎠/㎡
総相当すき間面積:287㎠(官製はがき約1.9枚)

最新情報・イベントの一覧へ戻る

ページの先頭へ戻る