最新情報・イベント

最新情報・イベント

気密性能試験を実施しました【ランタ・シード】

2016年6月17日ランタサルミからのお知らせ

2016年1月にランタサルミの北欧デザイン住宅「ランタ・シード」施工例で気密性能試験を実施いたしました。

建物の気密性を示す「C値(相当すき間面積)」とは、建物の床面積1㎡あたりのすき間のことで、㎠/㎡で表示されます。
仮に延べ床面積120㎡の建物のC値が2.0㎠/㎡だった場合、240㎠相当のすき間がある、ということになります。

木の家の心地よさと地球環境へのやさしさの両立を目指すランタ・シードの数値を見ると、良い結果を出したランタサルミログハウスとの比較でも、そのコンセプト通り非常に気密性に優れた構造であることがわかります。
高い気密性をベースに、住む方の志向により断熱や仕上げなどの仕様を選択できるランタ・シードと、基準をクリアする気密性を持ちつつ、数値では表すことのできない心地よさを得られるログハウス。あなたはどちらの木の家が好みでしょうか?お好みのライフスタイルによりお選びください。






調査建物 C値
061702.png
相当すき間面積(C値):0.3㎠/㎡
総相当すき間面積:43㎠(官製はがき約0.29枚)
061701.png 相当すき間面積(C値):0.4㎠/㎡
総相当すき間面積:55㎠(官製はがき約0.37枚)

最新情報・イベントの一覧へ戻る

ページの先頭へ戻る