北欧住宅

省エネルギー住宅時代スタート

2020年 新築住宅の省エネ性能が義務化へ

より環境に負荷をかけない住宅を目指して、住宅の省エネ基準が平成25年より変更になりました。
外壁や窓など外皮の省エネ性能の算定方法が改正され、さらに建物全体の省エネルギー性能を評価する「一次エネルギー消費量」の基準が追加。この基準は現在移行期間中ですが、2020年にはすべての新築住宅において義務化されることとなっています。
他にも二酸化炭素排出量を抑えることを目指した「低炭素住宅」の制度もスタート。住宅の省エネルギー化が本格的に始まっています。

2020年 新築住宅の省エネ性能が義務化へ

省エネ基準 改正の概要

2020年移行の新築住宅について適用される省エネ基準は、大きく3つの項目に分かれます。

8つの地域区分

平成25年省エネ基準では、地域区分が市町村単位で8つに細分化。
各地域区分において外皮平均熱貫流率(UA値)と冷房期の平均熱射取得率(ηA値)の基準値を設けています(地域により設定がない場合もあります)。
住宅を建てる地域の基準に合わせた仕様を選択する必要があります。

外皮平均熱貫流率

建物内と外の温度差が1度の場合において、各部位ごとの熱損失量の合計を外皮等の合計面積で割った値を外皮平均熱貫流率(UA値)といいます。UA値が低いほど熱が逃げにくいことになり、断熱性能が高いことを示します。外皮平均熱貫流率は次のように計算します。

  1. 外皮平均熱貫流率=建物が損失する熱量の合計 [W/K](2.) ÷ 外皮等面積 [㎡](6.)

  2. 建物が損失する熱量の合計 [W/K] =
    屋根(天井)、外壁、床、開口、基礎立上がりの各部位における熱損失量(3.)の合計

  3. 各部位の損失する熱量=
    各部位で使用する材のU値(4.) x 部位面積 x 温度差係数(5.)

  4. U値(熱貫流率):建物内と外の温度差が1度の場合において、1㎡あたり貫流する熱量。
    数値が小さいほど熱を伝えにくく、断熱性が高い部材といえます。

  5. 温度差係数:それぞれの部位が外気とどのように接しているかで係数が定められています。

  6. 外皮等面積:屋根(天井)+外壁+床+開口+土間床の各面積の合計

冷房期の平均熱射取得率

冷房が必要な時期に、部位ごとの日射取得率に面積、方位係数を掛けた値を合計し、外皮等面積の合計で割った値を冷房期の平均熱射取得率(ηA値)といいます。ηA値が低いほど日射の影響を受けにくく、冷房効率が高くなります

  1. 冷房期の平均熱射取得率=
    建物が取得する日射量の合計(2.) ÷ 外皮等面積の合計(外皮平均熱貫流率 6.と同じ) x 100

  2. 建物が取得する日射量の合計=
    屋根(天井)、外壁、開口の各部位のη値(3.)x部位面積x方位係数(4.)

  3. η値は部位により熱貫流率やガラスの日射熱取得率等により、仕様ごとに定められています。

  4. 方位係数:地域区分、方位ごとに係数が定められています。

一次エネルギー消費量

上の外皮性能の基準に加え、空調や給湯、換気などの設備機器も含めた建物全体の省エネルギー性を表す基準「一次エネルギー消費量」が追加となりました。
建物各部位で消費されるエネルギーは自然から得られる一次エネルギーの単位に換算され、建物全体の消費エネルギー消費量として表されます。2020年以降に新築する住宅は、建築する地域の区分に定められた基準一次エネルギー消費量を下回るよう設計する必要があります。

 

省エネルギー基準改正の概要等については、
国土交通省ホームページ:改正省エネルギー法関連情報(住宅・建築物関係)をご覧ください。


当ページは上記リンク「省エネルギー基準改正の概要」を参考に作成しました。

ページの先頭へ戻る