北欧住宅

「我慢する省エネ」から「快適な省エネ」へ

季節の影響を大きく受ける日本の住まい

これまでの日本の住宅は断熱性や気密性が軽視され、欧米の基準から比べると非常に低いレベルにとどまっています。十分な気密・断熱を施していない住宅ではエアコンなどの空調機器を使ってもせっかくの冷気・暖気が逃げて行ってしまい、多くのエネルギーを使っているのに夏暑く、冬寒い室内環境となってしまいます。
私たちが「暮らしの省エネ」と聞いてつい暑さ寒さを我慢する暮らしを思い浮かべてしまうのは、基本となる住宅の性能によるところも大きく影響しています。
住宅の断熱性能を上げ、ライフスタイルに合わせた省エネ設備を取り入れることにより、無駄なく少ないエネルギー消費で快適な室内環境を保つ「快適な省エネ」を実現することが可能になります。


ランタ・シードは前章「省エネルギー住宅時代スタート」で取り上げた省エネ性能義務化を踏まえ、住まいを建てられる地域の環境や住まわれる方のライフスタイルなどから、適切な仕様をコーディネート。フロアレイアウトにとどまらず室内環境までもデザインし、地球環境にやさしく快適な、時代を先取りする暮らしをご提案いたします。

ページの先頭へ戻る